ちーたーのオタク帳

大学生のオタクです。

【Summer Pockets】 ポケットをふくらませて 歌詞比較

 

はじめに

ちーたーです.

 

2020年も終わりそうですが,皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年はSummer Pocketsの続編?Reflection Blueが発売したり麻枝准脚本のオリジナルアニメーションの神様になった日が放映されたりとKeyの好きな方には愉快な1年だったのではないでしょうか.

神様になった日はともかく(というか思い出したくない),Summer Pockets Reflection Blueは無印をプレイしている私も超えてきたな~という感想でとても印象深い作品でした.中でも印象的なのはタイトルにもあるように「ポケットをふくらませて」という曲です.こちらは作詞作曲・麻枝准さんの作品なのですが,これがいいんですよね.日常シーンで流れるSeaシリーズに歌詞がついたもので終盤で流れるのKeyだな~と腕組みをせざるを得ないです.小さな手のひらみたいな感じで.

で,この曲なんですがRBでももちろん流れるのですがよく聞くと歌詞が違うんですよね.曲名を見るとバージョン違いの「ポケットをふくらませて ~Sea , you again~」となっています.比較記事を探してもなかったので,本日届いたサマポケRBのサントラをもとに比較していきたいと思います.

 

Summer Pockets REFLECTION BLUE Original SoundTrack

Summer Pockets REFLECTION BLUE Original SoundTrack

  • 発売日: 2020/12/25
  • メディア: CD
 

歌詞比較

()赤字がSea , you again ver

 

忙しく時は過ぎて(七つの海を越えて)

またひとつ大きくなって(遥かな冒険した)

それでも自転車乗って(これ以上はもう贅沢)

きいきいと音をたて(願いなら告げた後)

坂をのぼるあの夏へ(梅雨空も過ぎ去って)

その先で待っているきみ(新しいページが開く)

 

大人になんてなれなくていい

だって大切な宝物を忘れることでしょ?

そんなの嫌だ

ぼくだって嫌だ(誰だって嫌だ)

だから必死に守ってみせる(だから必死に守ってゆくんだ)

このポケットに詰め

約束

 

喉が乾いたらそうだ

ラムネ買って飲もうか

蝉はじーじーと鳴いて

どこまでも続く空

揺れている陽炎と

立ち向かえカブトムシたち

 

いつか誰もが大人になって

夢も忘れて生きていくなんて

誰が決めたんだろ?

ぼくはいつでもここに居るって(あんなにも大きく描いた夢だ)

ずっと離れずにそばに居るって(叶わなくたってここにあるって)

どうか信じさせて

神様

 

夜のとばりが降りて

夜の明かりが灯る(草むらに灯がともる)

まるで長い夢でもみてたよう

 

新しい暮らしにも(明けることがなくても)

もう慣れてきた頃で(もう夏が来なくても)

それでもたまにきみを思い出す(いつかまた鮮やかに思い出す)

 

笑ってはしゃいで走って疲れて

休んで見上げてその蒼に吸い込まれ

気づけば瞬く星の海に浮かんでて

 

傷つけ悩んで悔やんで迷って

探して 失くして 探して 探して

きみさえいればよくて

 

もうぼくは大人になって(行かないでどこにももう)

今でも自転車に跨って(描いた夢ごと置いてかないで)

平坦な舗道を進む(楽しいことたくさん待つよ)

もしかしたらすれ違うきみは今でも(もしかしたらすべてが本当になるかも)

あの日の眩しさでいたりして(だんだん忘れて遠くへゆく)

ポケットもまだ膨らんだままで(零れるほどの幸せを詰めた)

 

考察的な何か

ここからは少しだけ考察させていただきます.もちろんネタバレは有りです.

無印とRBの違いってヒロインの追加,演出の変化などいろいろ挙げられるとは思うのですが,私は一番グランドルートの最後の追加が肝だと思っています.無印ではうみを失って終わりだったと思うのですが,RBではうみがいなくなった後のループしない世界,いわば本番とでもいうのでしょうか.そこで羽依里としろはが出会い,そして最終的にはうみちゃんに再開をするシーンが描かれています.そこを考慮したら最後の段落のもしかしたらすべてが本当になるかもあたりが楽しめるのではないでしょうか.他の箇所も意図はあるのですが,まだあまり考察できていないのでまた機会があれば更新します.

2020秋アニメ1話総評

今年も10月に入り,寒い季節が近づいてくるのを感じる.10月といえば季節の変わり目だが,同時にアニメのクールの変わり目であることは言うまでもない.9月まで放映されていたいわゆる2020年夏クールではコロナの影響を受けているにもかかわらずアニメーション制作会社の努力により様々なアニメが放映された.私ももちろんいくつか完走したが,長期にわたって放送された『ソードアートオンライン アリシゼーション』が完結していたり,2016年に放映され人気であった『Re:ゼロから始める異世界生活』の2期が放映されるなど続編に強いクールであったと印象付いている.

 本題に入るとしよう.10月も中旬に入り2020年秋クールアニメの1話が出そろった.そこで,私が見た計17個の1話の評価を記述していこうと思う.個人的な好き嫌いというのが主な評価基準になってしまうのでここは違うだろなどの箇所があるのは承知の上で読み進めてもらいたい.

Tier S

・魔女の旅々

少女が旅をし,その行く先々で現地の人と触れ合っていくというアニメ.キノの旅を想像してもらうとわかりやすいだろう.1話は世界観等の紹介が主となるのでどうなるかはまだわからないが,期待度を込めてのSをつけさせていただきます.配信が早いアニメなので2話も観たが,後味のいいキノの旅でかなり好印象.

無能なナナ

いやあ,これは事前知識なしでぜひ見てもらいたい.個人的に「このへんからいいんだよな~」等の発言を聞いてからアニメを見るとその発言すら気になりながらアニメを見てしまうので1話だけでも何も言わずに見てほしい.

・体操ザムライ

個人的今期の1番の期待作.話も面白そうなのだが,なにより話のテンポとセンスがいい.アニメというのはどんなに今後面白くても3話まではわからないという俗にいう3話切りラインというのが存在するので,1話でアニメ内容が面白いかというのは不透明なのだが,テンポとセンスで惹かれたこのアニメが1番期待している.皆で共有して楽しむというよりは1人で楽しむ感じのアニメ.

 

Tier A

・戦翼のシグルドリーヴァ

1話が1時間ある(正確には48分)制作会社の力の入れようがうかがえるアニメである.女の子が兵器に乗って戦うガルパンストパンなどに似たアニメ.リアル系の戦闘が楽しめるのかと思いきや,前半でガチガチのSFチックなシーンがあったりして不安だが,今後に期待したい.

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのリメイク.リメイクということだけあって少し再生した時点で感動と懐古感でもう面白い.ただ,アニメのセリフの言い回しが古く時代にそぐわない気がするところと,絵が個人的に昔のほうが好きというところが減点となっている.

・呪術廻戦

まあこれは面白いでしょう.ジャンプとかアツイ戦いが好きだったら見て損はないんじゃないですかね.知らんけど.

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

朝アニメ.リメイク.ドラクエの世界観がテレビで放映されているだけでワクワクが止まらない.内容は子供向けなのでそこまで期待はしていないが継続的に見続けられそう.

ラブライブ 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

おもしろそう.ラブライブは無印(1期)しか見ていないので贔屓目はない自信があるのだが,1話はかなり完成度が高かった.虹ヶ咲学園がビックサイトなのは無理があるだろって感じだが,お台場とか出てきて面白いからヨシ!

 

Tier B

・レヱルロマネスク

エロゲーまいてつのアニメ化.アニメ化といっても原作のキャラは出てこず,世界観だけが共有されている.5分アニメなので仕方ないことだが,1話の時点では何も進まなかったが,別に今後に期待することもない.お金だけはかかってそうなので絵と動きはきれい.

魔王城でおやすみ

魔王など書いているが,ジャンルで分けると日常系の部類.囚われの姫が快眠を目指して魔王城で寝具を作っていく話.ゆったりした空気感がウリだと思うのでそういう癒しを求めたい方は見てください.多分永遠に1話みたいなのが続くと思います.

・神様になった日

Angel Beats!Charlotteと同じ麻枝准P.A.WORKSが手を組んだKeyアニオリ作品.私はKeyがかなり好きなので贔屓目に期待していたが,ノリが古いと感じた.麻枝は原点回帰を目指してこの作品を作るらしいが,ただ古くしただけ?wみたいな感想.ただ,1話で麻枝の悪いところがすべて出ている気がするので,今後の重要な部分の尺が十分に作れたと考えると期待できるのかもしれない.麻枝よ,お前,曲だけ作らん?(Summer PocketsのSea , You & MeというBGMがめちゃくちゃ好きです)

・アサルトリリィ

百合戦闘アニメ.刺さらん.赤尾ひかるの演技何か所か変じゃない?

・まえせつ

お笑い芸人がテーマのアニメ.テーマがテーマだけにハードルが上がってる気がする.肝心な内容はテンポが悪く,漫才に対するテンポは気にするくせにこっちは気にしないんだねwって感じ.

安達としまむら

百合アニメ.刺さらん.

 

 

Tier C

・100万の命の上に俺達は立っている

なろう系なのだが,異世界への導入がまじで中学生の考えたそれで見てて恥ずかしくなった.設定も何でそうした?という感じ.

・神達に拾われた男

ちゃんと見てない(途中で飽きた)けど転スラを極限までつまらなくさせたみたいな感じだと思う.これはおっさん(36)の妄想シリーズかな.

・くまクマ熊ベアー

今期1番の苦手作品.キャラデザが萌え系なだけのなろう.一番気に食わなかったのは戦闘シーンで,見ててこれも恥ずかしくなった.他にも設定がガバかったりと1番お勧めしない.

水瀬いのりさんがいままでライブで歌った曲まとめ

初めまして。ちーたーと申します。

先日水瀬いのりさんのライブツアーCatch the Rainbow!の全公演が終了しました。

 

私も大阪公演と、東京公演両日の3公演に参加したのですが、その中でコイセヨオトメという曲が1stライブ以来久しぶりに歌われました。それを見てここらへんで一度今までのライブのセットリストをまとめておこうと思いましてこのブログを書きました。

 

水瀬いのりさんはアニサマやリスアニ等よくアニソンフェスにも出られる声優さんなのですが今回は単独イベントのみでかつ、本人名義での曲が初めて歌われた第三回町民会議から集計しました。(2ndシングルまでのリリイベも含んでおりません。)

 

では、まずシングル曲及びそのカップリングです。

 

f:id:smumch:20190630185240p:plain

 

次に、アルバムのみに入っている曲です。

 

f:id:smumch:20190630193119p:plain



 

となっています。今回は新アルバムのツアーなので昔のアルバムの曲が少ないのは予め分かっていましたが、その中でコイセヨオトメを選ぶセンスはとてもいいと思いました。ツアー共通部分では1st,2ndアルバムからそれぞれ1曲ずつ選ばれていますが、Million Futuresは昨年度のアニサマでもアニメのタイアップ曲ではないのにも関わらず歌われていることから思い入れがあるのでしょう。

今回のツアーではあまり涙を見せない水瀬いのりさんが武道館で2日とも泣いており、武道館というのはアーティストにとっては特別なものであることが感じさせられました。自分の作詞した曲の最中で泣いていたのはオタクたちの心を動かしていたのではないかと思います。また、武道館2日目はダブルアンコールで1stシングルの「夢のつぼみ」を歌いましたが、ここまで来たんだなあと感極まって私も思わず泣いてしまいました。

 

また次回以降のライブでも時間があれば追加してまとめようと思います。

 

そのうち、今回のツアーの講評もしたいと思います。